AWSの各種運用サービスについてまとめた

支援サービス

  • gitを使ってコードに変更があった場合、それをトリガーにAWSサービスを実行する。
  • IAM権限を使用してgitリポジトリとCodeCommitを紐づける。
  • コードのコンパイルやビルド環境を提供するAWSのサービス。
  • ビルドの定義はbuildspec.ymlに記載する。
  • ユニットテストなどのテストを行うことができる。
  • ビルドされたサービスをサーバーへデプロイするサービス。
  • EC2やオンプレサーバーにデプロイしたい場合、サーバー側にCodeDeployエージェントをインストールする必要がある。
  • 上記を管理する。commitしたらbuild、buildが完了したらdeployなど。

プロビジョニングサービス

  • 環境を用意しておくサービス。
  • 複数の同じ環境を構成したい場合、プロビジョニングを作っておくと、それがそのまま使えるため、新たに作成する際に発生するミスを防げる。
  • 定番のインフラ構成を自動構成するサービス。AWSのベストプラクティスに沿って構築。
  • Webサーバー構築(ELB+AutoScaling+EC2)
  • Batch構築(SQS+AutoScaling+EC2)
  • 一気にデプロイする
  • インスタンスの一部をELBから離してデプロイする。切り離して一つずつ行うため、All at onceより時間はかかる。
  • インスタンスを新規に作成してデプロイ。デプロイされたことを確認し、ほかの既存のインスタンスもデプロイしていく。
  • Chefを利用した構成管理サービス。レシピと呼ばれるファイルにサーバーの構成を定義してミドルウェアのインストールや設定を自動化するツール。
  • Chef Clientローカル方式:各サーバーが各々のレシピをもつ
  • Chef Server/Client方式:マスターサーバーを用意し、レシピそのものや各サーバーへのレシピ適用状況を管理する方式。
  • ローカル方式を適用する場合、OpsWorksスタックを利用する。
  • スタック:OpsWorksのトップエンティティ(集合体)。スタックの下に複数のレイヤーがある。
  • レイヤー:それぞれにレシピを適用する対象。
  • OpsWorksエージェント:レイヤー内で起動したインスタンスにはOpsWorksエージェントがインストールされる。

Chef Server/Client方式で利用する場合、ChefAutomateというChefを統合的に利用するための機能がある。クライアントを管理するマスターサーバーが存在する。

AWSリソースを自動構築するサービス。

IAMやVPC、ELB、 DBなど色々なスタックが作れる。

  • スタックを設計するために、CloudFrontテンプレートを使用する
  • てんぷれーとにはさまざまなセクションがある。

分析サービス

  • Amazon Elastic MapReduceの略。分散処理のフレームワーク。
  • マスターノード:コアノード・タスクノードにジョブを振り分ける。
  • コアノード:ジョブを実行する。データ保存領域(HDFS)がある
  • タスクノード:ジョブを実行する。コアノードなしでタスクノードのみの構成は不可。
  • Extract Transform Loadの略。データソースからのデータの抽出・変換・投入の役割を果たす。
  • ストリーミング処理プラットフォーム。
  • DataStreamsとDataFirehose:センサーやログなどのリアルタイム処理
  • Video Stream:動画処理
  • Data Analytics:収集データを可視化・分析
  • AWSリソースに問題がある場合に運用者に通知するサービス
  • 状態のことをメトリクスという
  • CPI使用率が○%を超えた時など設定しておくと、
  • λやSNSをキックすることができる。
  • アプリケーションやApattchのログをモニタリングするサービス。
  • エージェントをインストールする必要がある。インスタンスに CloudWatchのIAM権限を付与する必要あり。
  • ログに対してアラームを設定できる。アラームからSNSをキックして担当者に通知ができる。
  • スケジュールもしくはイベントでアクション(λ関数など)をキックする
  • CLIやSDKなどを用いてAWSリソースを操作した時の操作ログを取得する方法
  • デフォルトでは、管理イベント(ログイン・作成)のみが有効となっており、S3に90日間保存され、マネジメントコンソール上から確認できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました