よく使うLinuxコマンドのまとめ

未分類

本記事では、よく使うLinuxコマンドをまとめてみました!

Linuxコマンドは、頻繁に使うっていう訳ではないけどいざというときに使えると便利なので、備忘録としてここにまとめようと思います。

あまり詳しくない方であれば、記事をみていただいてこういうコマンドがあるんだっていうのがあればいいなと思います。

Linuxコマンドのまとめ

Linux基礎コマンド

現在のディレクトリを表示する

pwd

カレントディレクトリにあるファイル•フォルダを表示する

ls

ファイルを作成する

touch [ファイル名]

ファイルを削除する

rm [ファイル名]

ファイルの中身を表示する

cat [ファイル名]

ファイルを編集する

vi [ファイル名]

ディレクトリ階層を移動する

cd 

現在のディレクトリからhoge/testに移動する場合

cd huge/test

document/hoge/testからdocument(ニ階層)戻る場合

/Users/user/Desktop/hoge/test %cd ../../
/Users/user/Desktop %

ホームディレクトリからの階層へ移動する方法

/Users/user %cd /home
/home %

ファイルやフォルダをコピーする

cp ['移動元ファイル/フォルダ名'] ['移動先ファイル/フォルダ名']

知っていると便利なLinuxコマンド

過去実行したコマンドを文字列で検索する

history | grep ‘検索したい文字列‘
# historyで表示された過去コマンドを番号指定で使う方法
![番号] #例:!10

ディレクトリ内にある特定ファイルのパスを知る方法

find [ディレクトリ名] -name [ファイル名]

ターミナル内で改行する(文末に\)

aaa \
bbb \
ccc

ターミナルの便利な使い方

Linuxコマンドではないけど、ターミナルを使う上で知っておくと便利なことをまとめました。

カーソルを先頭に持っていく

Ctrl + A

カーソルを一番後ろに持っていく

Ctrl + E

単語単位でターミナルを移動する。

option + 矢印

単語を削除する

option + delete  # カーソルが当たっている単語が削除される

ターミナルでタブを追加する

command + t

コメント

タイトルとURLをコピーしました