railsのmodelファイルのオプションなど記載方法のまとめ

rails

本記事では、railsのmodelファイルに記載されるモデルに付与されるオプションについてまとめました。

railsのmodelのオプション等

belongs_to

リレーションを実行する場合に指定する。詳細は下記に記載

has_many

1対多などで1側のモデルから多モデルを指定する時に使用する。詳細は下記に記載

validates

データベースに登録するデータのバリデーションをする際に使用する。

inverse_of

class User < ApplicationRecord
  has_many :books, inverse_of: :author
end

# userからbooksを取得する場合
user.books

# bookからuserを取得する場合
book.author

まとめ

今後、使用していく中で勉強になったものとか、使えると便利なものを挙げていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました