docker,docker-composeで使用するコマンド一覧

Docker

docker、docker-composeで使用する処理の一覧を備忘録で残しておきます。

dockerコマンド

docker run

dockerイメージの生成とコンテナ起動を同時に行うコマンド。

オプション

-p: ポート番号の指定ができる。-p 〈ホスト側のポート〉:〈コンテナ側のポート〉

-d: バックグラウンドで実行する。

docker build 

Docket fileなどをもとにdockerイメージを作成する。

-オプション

キャッシュを使用せずにbuildする

– -no -cache

docker images

ホストマシーン(dockerを起動しているPC)にある全てのイメージを取得する

docker pull

Docker hubなどのコンテナレジストリから(ホストマシンへと)イメージを取得する。

docker push

dockerイメージをDocker Registryにプッシュする。

docker exec -it <コンテナID> 処理

dockerコンテナ内で処理を実行する。

docker ps <コンテナID>

稼働中のコンテナ一覧を表示

docker stop <コンテナID>

コンテナの停止

docker rm <コンテナID>

コンテナを削除する

docker rmi <イメージ名>

dockerイメージを削除する

docker-compose コマンド

docker-compose build

各serviceのイメージを構築する。

docker-compose up

各serviceのコンテナを立ち上げる。

-オプション

コンテナを立ち上げる前にビルドする。

–build

docker-compose down

各serviceのコンテナを停止して削除する。

docker-compose exec <コンテナ名> <処理>

(立ち上がっているコンテナに対して)コンテナ内で処理を実行する

docker-compose run <コンテナ名> <処理>

(立ち上がっていないコンテナに対して)コンテナ内で処理を実行する

docker-compose run --rm <コンテナ名>

コンテナが処理を実行した後にコンテナを削除する

docker-compose up -d <コンテナ名>

バックグラウンドで処理を実行する

コメント

タイトルとURLをコピーしました