【備忘録】EC2インスタンスを作成する

AWS

EC2インスタンスを作成する記事はいくつかありますが、自身の理解を深める意味でも改めてEC2インスタンスを作成する手順をまとめました。

本記事ではインスタンスの作成からElasticIPの接続、EC2インスタンスにCLIでログインまで行なっていきます。

EC2インスタンスを作成していく

・awsのコンソールにログインして、左上の検索ボックスにEC2と検索してクリックします。

・サイドバーのインスタンスをクリックします。

・右上のインスタンスを起動をクリックして作成を進めていきます。

入力する内容

名前とタグ

インスタンスの名前を設定します。このインスタンスはどのアプリがデプロイされているかがわかるように名前付けをする。

Application and OS Images (Amazon Machine Image)

EC2インスタンスのOSを設定します。

インスタンスタイプ

インスタンスのメモリやCPUを決めるインスタンスタイプを設定します。大規模なアプリ開発とかでなければ、とりあえずt2.microにしておくのがベター。

キーペア

ec2インスタンスにssh接続するために必要な暗号化キー。新しいキーペアの作成をクリックして

任意のキーペア名を入力、キーペアのタイプをRSA、プライベートキーファイル形式を.pemにしてキーペアを作成する。

ファイルがダウンロードされ、後のCLIに接続するで使用する。

ネットワーク設定

セキュリティグループを設定する。すでに存在するセキュリティグループに紐づける場合は既存のセキュリティグループを選択するを、まだセキュリティグループがない場合はセキュリティグループを作成を選択する。

ストレージを設定

特に指定がなければデフォルトの1×8GIB gp3ルートボリュームで確定する

上記の設定が終了すれば、インスタンスの起動をクリックします。再度、サイドバーのインスタンスをクリックしてインスタンスの状態が実行中になっていれば成功です!

Elastic IPを紐づける

Elastic IPを作成しないと、EC2インスタンスが再起動するたびにIPアドレスが変わってしまいます(ドメインの紐付け等するときに、IPアドレスが変わってしまうのは厄介です)。

Elastic IPを作成してIPアドレスを固定化していきます。

サイドバーの「ネットワーク&セキュリティ」から「Elastic IP」を選択します。そして、右上のElastic IPを割り当てるからElastic IPの作成をしていきます。

Elastic IPの作成が終了したら、EC2インスタンスとの関連付けを行なっていきます。

Elastic IPアドレスをチェックして、「アクション」からElastic IPアドレスの関連付けをクリックします

リソースタイプにはインスタンスを設定し、インスタンスには先ほど設定したインスタンスのIDを、プライベートIPアドレスにはそのインスタンスのプライベートIPを選択します。

上記入力後、「関連付ける」を選択するとElastic IPアドレスがEC2インスタンスと紐づけられます。

EC2インスタンスにCLIで接続する

まず、ターミナルを開いて、先ほどダウンロードしたpemファイルを/.ssh配下へと移動します

cd ~/.ssh
cp ~/Downloads/<先ほど作成したpemファイル名>.pem .

pemファイルの権限を変更します。

chmod 400 youtube-comment-key.pem

そうしたら、EC2インスタンスに接続していきます。接続コマンドは、

サイドバーのインスタンス > 先ほど作成したインスタンスのインスタンスID > 右上の「接続」ボタン > SSHクライアント と進んでいくと、下の方にインスタンスに接続するコマンドの例が書いてあるので、それをコピーして、~/.ssh配下で実行します。

[ec2-user@ip-.....]

上記のような表示になれば、EC2インスタンスへの接続は完了です!

EC2の設定まとめ

以上、EC2インスタンスの作成から、Elastic IPの設定、CLIからインスタンスの操作の一連の流れについて解説しました!

EC2コンテナを初期設定する際の参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました